スタディサプリ小学講座 退会方法と解約申請時期、やめるときの返金と一時退会や休会について解説

スタディサプリ小学講座の退会方法を解説と書かれた黒板スタディサプリ小学講座の退会方法について解説します。

 

スタディサプリでは基本、2週間(14日間)の無料体験ができるのも人気のポイント。
2週間使ってみて「合わないな…」と感じたら無料のまま受講を取りやめることができます。

入会を考えているなら、「もしも…」に備えて退会方法を知っておきたいですよね?

退会手続きを知っておけば会員登録も安心!

是非参考にしてくださいね。

 

手続き

スタディサプリでは学習WEB(学習画面)とサポートWEB(支払い管理画面)があり、退会するためには両方で退会手続きが必要になります。

 

また、そのためには退会手続きの前に利用停止手続きも必要。

① 利用停止手続き
② 学習WEBの退会手続き
③ サポートWEBの退会手続き

の順に進めます。

 

利用停止方法は次の通り決済方法によって違います。

 

利用停止手続き

クレジットカード決済・キャリア決済の場合

1. サポートWebログインページよりログイン
2.「利用照会」をクリック
3. 学習者選択リスト(画面左上)から、利用停止する学習者を選択
4. 「利用を停止する」をクリック
5. 確認画面で「講座受講を停止する」をクリック

クレジットカード決済とキャリア決済の場合の利用停止手続きが完了します。
※毎月払いの場合、利用停止後の日割り計算での返金はありません。
※一括払いの場合、利用を停止すると残りの利用可能期間も講義動画が見れなくなるので注意してください。

 

iTunes Store決済の場合

iTunes Store決済の場合の利用停止手続きはサポートWEBページからはできません

iTunes Store決済選択時の利用停止手続きはこちら ⇒ 「iTunes Store で定期購読内容を表示、変更、または解約する」ページ

iTunes Store決済選択時の解約ではスタディサプリに解約内容が反映されるまで最大32日間の時間を要することがあるので気を付けてくださいね。

 

コンビニ決済の場合

特に手続きする必要がありません

利用期限が過ぎると自動的に有料講義動画が利用停止になります。

 

ちなみに、スタディサプリではコンビニ決済での期間途中の退会時のみ解約という言葉が使われます。

コンビニ決済時の受講期間中の退会だけが解約と表現されていて、それ以外は利用停止や退会と解説されています。

 

退会手続き

スタディサプリ学習Webの退会方法

1. 右上のアイコンをクリック
2. スタディサプリ(学習WEB)のログインページからログイン
3. メニューから【プロフィール】選択
4. プロフィール画面の「退会」タブを選択
5. 【退会手続きを行う】をクリック
6. 確認画面で【退会する】をクリック

学習WEBの退会手続きが完了します。

続いてサポートWEBの退会手続きを行います。

 

スタディサプリサポートWebの退会方法

1. サポートWebログインページからログイン
2. 【アカウント設定】をクリック
3. 【サポートWeb登録情報を編集する】をクリック
4. パスワード入力画面でサポートWebのパスワード入力してください。
5. サポートWeb登録情報の確認/編集画面の【退会したい場合はこちら】をクリック
6. 【退会する】をクリック
7. 確認画面が表示されたら【退会する】をクリック
8. 「退会いたしました」のメッセージが表示される

以上でスタディサプリの退会手続きがすべて完了します。

 

退会申請はいつまで?

スタディサプリ小学講座ではいつまでに申請が必要と期日はありません

 

利用停止をすればすぐに使えなくなるため、翌月分からの課金はありません。

 

しばらく受講を休みたい(=休会)する場合にも同様で、退会手続きをしないままで利用停止をしていれば退会扱いにはならないものの、課金はされません

※ 利用停止だけにしておくと、課金はされませんが有料動画をみることはできなくなります。
ただし、それまでの利用履歴は残るため再開時にこれまでの続きから再開することができます。
利用履歴は残っているので、再開した場合にこれまでの続きから利用できます。

 

気を付けたいのがクレジットカード決済の場合です。

退会や利用停止するとそこで課金がストップするものの、クレジットカードの引き落としのタイミングなどで(受講費が1~2ヵ月遅れて引き落とされているため)手続き完了後も1~2ヵ月間引落がある場合もあります。

 

クレジットカードの引き落としのタイミングの問題なので、実際にその月分が引き落とされているわけではありません。

 

引落のタイミングなどで気に掛けるポイントはあるものの、例えば前月の〇日までに申請が必要といった縛りはないので、比較的簡単に退会手続きが進みます。

忙しい保護者にとっては「うっかり期日を過ぎてしまった…」といった失敗もないので安心ですよね。

 

前払いした受講費は返金される

スタディサプリ小学講座では月額プラン(月々払い)を選択している場合には日割り計算での返金がないため、月途中での退会や利用停止でも残りの日数分の返金はありません

 

一方、クレジットカード決済での年間プランや、コンビニ決済を利用する場合には(コンビニ決済はその年度の最終日(3月31日)までの料金を一括支払い)申請に応じて残りの期間分が返金されることがあります。

 

ただ、残期間分の返金は1ヶ月分を月額プラン料金(980円税抜き)で計算するため、年間プランでの支払いのお得感はなくなります。

 

退会後、自動で返金はされないため申請が必要です。

返金の申請は必ずページ最下部の【お問い合わせリンク】経由で連絡をしなければいけないのでご注意ください。

 

また、コンビニ決済の場合には返金手続きだけは電話連絡が必要になり、自動的に返金とはならないので必ず申請してくださいね。

詳しくはスタディサプリ小学講座ホームページで確認してみてくださいね。

 

それでも、残りが返金されるなら安心ですよね。

 

一時退会と休会

スタディサプリ小学講座では休会はありません。
また、一時的に退会してデータ(利用履歴など)を残したまま退会することもできません。

 

ただし、利用停止が両方の意味をもつため、「一時的に休みたい」「しばらく止めておきたい」といった場合には利用停止手続きをすることで、課金がストップします。

 

一時的に利用を止めることができるので、休会制度がないからと退会までする必要はありません。

ただし、利用停止はあくまで休止ではないため、利用停止手続きをした時点で請求もストップするため、一括払いをしている場合には残金が返金されます
※ コンビニ決済の場合には利用者から返金の申請が必要

 

利用再開するときには続きではなく、最初から支払いの手続きが必要になります。

 

ただ、退会 ⇒ 再入会といった手間がなく、一時的に受講を止めることができます。

 

利用停止の場合には学習履歴などのデータはそのまま残っているので、再開したいと思えばすぐにでも元の状態から再スタートできます。

 

反対に、退会してしまうと一切のデータが残らないので、少しでも再開の可能性があるのであれば利用停止で十分だと思います。

 

まとめ

スタディサプリ小学講座の退会手続きと返金についてご紹介しましたがいかがでしたか?

 

多くの通信講座では退会時には電話連絡が必要になりますが、スタディサプリ小学講座では入会から利用停止・退会まですべてWEBでの手続きが完了します。
※ コンビニ決済の場合のみ返金申請に電話連絡が必要

 

引き留められたり、理由を尋ねられる煩わしさもないのはうれしいですよね。

14日間の無料期間もあるので、気軽に始めてみませんか?