スマイルゼミ幼児コースの支払い方と入金方法 手数料無料でお得なのはどれ?

スマイルゼミの幼児コースでの講座費用のお支払い方法(支払いスケジュール)と入金方法について説明します。

手数料などの無駄がなく、お得な支払い方法もご紹介します。

スマイルゼミの支払い方法は3つ

まず最初に説明する支払い方法とは支払いスケジュールのこと。

 

スマイルゼミ幼児コースでは

 

毎月支払う(毎月払い)

6ヵ月一括払い(半年払い)

12ヵ月一括払い(年払い)

 

を選ぶことができます。

毎月の受講料(年間合計)
毎月払い 3,600円 (43,200円)
6ヵ月一括払い 3,200円 (38,400円)
12ヵ月一括払い 2,980円 (35,760円)

※ 4月入会時の料金を提示しています
※ 年中、年長のどちらも同額になります
※ すべて税別料金

 

1か月分に計算して一番安く受講できるのは12ヵ月の一括払いとなります。

 

ただし、12ヵ月一括払いで、翌年に小学校に入学する場合にはスマイルゼミ小学生コースに進級となるため、料金が変わってきます。

幼児コース+小学生コースのミックスになるため、スタート月によって受講料が変わります。

 

6ヵ月一括払いも同様で、お支払いの6ヵ月の間に進学となるとそれぞれの受講費が混合となるのでご注意ください。

 

もちろん、それでも毎月払いをするよりも低コストに抑えることはできます。

 

また、月々の授業料をその都度払う毎月払いはクレジットカード払いでのみ適用されるので、銀行振込やコンビニ払いを希望するのであれば、6ヵ月一括払いか12ヵ月一括払いかのどちらかになります。

 

入金方法

受講費のお支払いは

クレジットカード払い

銀行振込

コンビニ払い

の3種類になります。

 

銀行振込

銀行やゆうちょでの自動引落はありません。

また、銀行振込も振込先は三井住友銀行のみとなりその他の銀行・郵貯はないのでメインバンクを他の銀行にしている場合には手数料がかかる場合もあります。

 

コンビニ払い

お支払いができるコンビニは

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、セイコーマート

支払いの際には支払い票などではなく、ローソンであればLawson店内に設置されているLoppi端末、ファミリーマートであれば店内に設置のFamiポート端末など、準備(郵送)される払い込み用紙を利用した支払いではなく、端末を利用たり、払い込み票を端末やスマホから取得してレジで支払うといった方法になります。

 

手数料はどこで払ってもかからないので、コンビニに行って手続きをする手間だけで済みます。

 

クレジットカード払い

スマイルゼミ幼児コースで使えるクレジットカードは契約者本人名義のものだけになります。

 

使えるカードの種類は9種類

VISA、マスター、JCB、DC、UC、UFJ、ニコス、AMEX、ダイナース

メジャーなカード会社のものは使えるようになっています。

 

クレジットカード決済の場合も手数料は不要です。

 

専用タブレットの代金はどう払う?

スマイルゼミでは紙教材などは一切なく、学習はすべてタブレット1台となります。

そのタブレット代の支払い方法は受講費と同様に、クレジットカード、銀行振込、コンビニ払いの3通り。

 

ただ、タブレット代金は基本的には受講の課金開始時の一括払いとなっていますが、クレジットカード払いで毎月払いを選択したときにのみ12ヵ月の分割払いができます。

 

タブレット代は一括払いであれば9,980円ですが、12ヵ月の分割になると980円×12ヵ月=11,760円となり1,780円高くなります。

※ すべて税別価格で表記しています
※ 1年の継続利用が前提となっているため、12ヵ月未満の退会の場合にはタブレット代として解約時に6,980円~29,820円が請求されます

 

一番お得な支払い方法はどれ?

3種類の支払いスケジュールと、入金方法をご紹介しましたが、一番無駄なくお得な方法は

クレジットカードでの12ヵ月一括払い(タブレットも一括)

となります。

 

クレジットカードによってはカード会社のポイントも付くのでかなりお得な方法といえるでしょう。

 

まとめ

スマイルゼミ幼児コースでの支払い、入金方法についてご紹介しましたがいかがでしたか?

クレジットカードでの一括払いが一番無駄がなくお得で入金手続きの手間もかからないのでおすすめです!

 

12ヵ月一括払いと毎月払いでは月600円程の違いが出るのでお得なのはまとめて払いに違いないといえるでしょう。

 

ただ、一括で払うことで経済的に負担になるのであれば、毎月払いや6ヵ月一買う払いも選べるので続けやすい方法をえらで無理なく受講させたいですよね。