Z会の通信教育【支払い方法】何がある?お得な決済や途中での変更など詳しく解説します

※このページはPRを含みます

Z会の通信教育とPAYの文字

Z会の通信教育の費用って、何で支払えるの?

お得な支払い方法ってある?

など、Z会の支払い方法について

ここで紹介する内容
  • Z会通信教育の支払い方法の種類
  • 支払いはいつ
  • 受講途中での支払い方法の変更はできる?

など、詳しく解説します。

\まずは最新情報をお届けします/
資料請求で見本教材もお届け!

Z会の通信教育【支払い方法】何がある?

手のひらにのせた小銭入れ
  • クレジットカード決済
  • 口座引落
  • 振り込み(振り込み用紙による送金)

選べる支払い方法はこの3つ。

PaypayやLinePayなどのスマホ決済は使えません

また、振込はZ会専用の払込用紙での送金になるためNP後払いも未対応。

クレジットカード決済、口座引落の場合には手数料はかかりませんが、振込(払込用紙での支払い)では払込金額や支払い場所に応じて70円~330円の手数料がかかります。

支払い場所払込金額手数料送金到着日
(入金確認日)
窓口ATM
ゆうちょ銀行
郵便局
5万円未満120円70円2~4日
5万円以上330円280円
コンビニエンスストア1万円未満64円2~3日
5万未満108円
5万円以上324円

また、支払い確認が取れるまでに2~4日かかるので、即時決済とならないのもネックになりそうですね。

ただ、実際に窓口に行ってお金を支払うため、毎月わかりやすく家計簿をつける場合には、振込が良いということもあります。


3つの支払い方法で、お得になるのはクレジットカード決済
ただし、カード会社のポイントがつく場合に限ります。

使うカードによってはポイント付与がないタイプもあるので、その場合には口座引落でもクレジットカードでもかわりません。

クレジットカード

Visa Master UC DinersClub JCB AMEX

使用できるクレジットカードはこの6ブランド。

この6つのいずれかのブランドマークがついたカードであれば、カード発行会社は関係なく使用できます。
※ カード発行会社とは楽天カード、や三井住友カードなどのカード名のこと

口座引落

銀行口座からの引落の場合には、登録手続き完了後からになり、それまでは払込用紙による決済になります。

なお、口座引落は毎月27日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)となっています。

かなり多くの金融機関に対応していて、ネットバンクなども使えるようです。
Z会で利用可能な金融機関はこちら

口座引落での支払いを希望する場合は、Z会Webサイトからの手続き限定になるので、ご注意くださいね。

支払い方法の変更はできる?

可能です

入会後に支払い方法の変更をする場合には、Z会会員ページ(Z会MyPage)からの手続きにまります

Webページからの申し込みなら、その時点で自分で選んで口座登録ができるよになっています。

Z会通信教育の支払い方法についてのまとめ

  • 支払い方法は「クレジットカード決済」「口座引落」「払込用紙による振込」の3
  • クレジットカード、口座引落は手数料無料
  • カード使用二ポイント付与があるクレジットカード会社のカード決済がお得!
  • 口座引落はWebページからのみ対応
  • 入会後の支払い方法変更は会員ページ(Z会MyPage)からできる

支払い方法はシンプルなので、わかりにくいということもなさそう。

引落の場合の口座もかなり多くの銀行に対応しているので、手持ちの口座で登録できそうですよね。

ただ、手数料・ポイント(カード会社で確認してくださいね)などを考えると、やはりクレジットカード決済がお得・お手軽でおすすめです。

入会後の変更は自分で簡単にできるので、一番合った支払い方法で検討してみてくださいね。

常に最新の学習を提供してくれるZ会だから、入会前には新しい資料で最新情報を確認、見本教材でお試ししてからの入会をおすすめします!

\まずは最新情報をお届けします/
資料請求で見本教材もお届け!

※ 当サイトは提携する教材、教室、学習方法等のPR情報を含んでいます。
※ 当サイトで掲載している内容はできる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※ 各サービス、教材等のお申し込みは、必ず公式サイトで内容をご確認のうえ、ご判断ください。
※ 記事内で紹介されている意見はあくまで個人的なものです。企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※ 本メディアの個人情報の取り扱いはプライバシーポリシーをご確認ください。

Z会