中高一貫校に通う中学生におすすめの通信講座はどれ?Z会、進ゼミ、すらら、スタディサプリを特徴や使い方、料金まで比較検証!

2人の女子生徒中高一貫校に通う中学生におすすめの通信講座をご紹介します。

一般的な中学校と異なり、中高一貫校は独自のカリキュラムが立てられているため、通常の中学講座では学校授業と履修内容が大きく異なったり、進捗状況も違うため、せっかく勉強しても子どもが混乱することになりかねません。

 

そこで、中高一貫生に向けた中学生の通信講座を準備している講座をピックアップ、比較検証することで【中高一貫校の中学生におすすめの通信講座】はどれか、解説します。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

中高一貫校の中学の学習の特徴とは?

大きな特徴は通常の3年間の中学でのカリキュラムとは大きく異なり、中高6年間を見越して学習計画が練られていることにポイントがあります。

高校受験の必要がなく、学校生活を豊かなものにできる一方、受験に焦点を合わせる必要がないので中高一貫独自の進み具合で学習が進められます。

 

大学への進学を見据えた学校であれば、多くは中学2年生までに中学過程を終了し、中学3年生からは高校課程へと入ります。

そのため、通常の中学講座と大きく進捗状況(進み具合)が異なります。

 

中学受験時に各学校一定の学力の生徒が集まり、学力にばらつきがないのも中高一貫校の学習に反映されます。

ほぼ同レベルの生徒が集まることから、中1時点では一定の学力があるものとして、生徒にとってちょうどいい難易度の授業が受けられるようになっています。

レベルを低く合わせる必要がないということです。

 

ただし、入試トップで入学した子どもと、ギリギリ合格の子どもとでは学力にそれなりの差があるので、入学後にしっかりと勉強に取り組み高校受験のない3年目に中だるみせずに学力を安定させるかが大きな課題となります。

 

6年間のカリキュラムでゆとりある学校生活を送ることができても、中だるみして徐々に勉強が追いつかなくなるのでは元も子のありませんよね?

 

一貫した教育理念のもと、ゆとりある学校生活を送りながらも学校授業で遅れを取らないだけの学習習慣が必要となります。

 

そのために、塾に通うとまではいかなくても家庭学習でしっかりと学校授業の予復習ができれば安心ですよね?

通信講座などは通学に時間が取られる中高一貫生にとって、取り組みやすい教材といえます。

 

中高一貫生が選ぶべき通信講座2つのポイント

一般の中学と比べると一定の学力が揃っている中高一貫では質が高くハイレベル、スピーディーな学校授業が受けられます。

ただし、学校授業が良質だからといって家庭学習を独学だけでこなせる生徒は多くはないでしょう。

中高一貫だからこそ、その中で落ちこぼれてしまっては大変なことになります。
中学受験で入学したは良いけれど、その後に授業についていけず、いざ大学進学となった時に内部進学もできない…という話も良く耳にします。

こうなってはせっかくの中学受験が水の泡ですよね?

そこで、中高一貫校に入学後も中学生のうちにしっかりと日々、家庭学習にも取り組み成績を保つ必要があります。

そのために中高一貫校に通う中学生の通信講座選びでおさえておきたいポイントは2つあります。

学習進度を合わせられる
大学受験を視野に入れた学習

が重要なポイントとなります。

 

進捗状況に応じて対応してくれる

中高一貫校はそれぞれ独自のカリキュラムで6年間の授業が進められます。

そのため、一般の中学校の授業の進み具合とは大きく異なります。

また、学校毎にも進め方が変わるため、日々の予復習を踏まえた家庭学習であれば通う学校の進め方に合った授業や講座でなければいけません。

 

一般の集団塾ではまず難しいところです。

そのため、塾であれば個別指導塾、通信講座やオンライン講座であれば個別学習プランをプランニングしてくれる講座がおすすめです。

 

高校課程の場合、大学受験に焦点を当ててそこにめがけて勉強するのであれば学校授業に合わせる必要がなくなってくる(定期テスト対策は考えていない場合)のですが、中学課程では基礎を固める意味でも学校授業の確実な理解を目的とするため、学校授業の進捗状況にあった勉強方法ができることは重要なポイントとなります。

 

大学受験を見据えた学習に取り組める

中高一貫生には高校受験がないため、油断すると気の緩みから一般公立中学に通う生徒よりも学力が低下してしまうリスクがあります。

このリスクを回避するためには、6年後には大学受験があるということを意識し、大学受験に向けた基礎となる学力をつけることを念頭に勉強に取り組む姿勢が必要です。

 

とはいえ、中学生にとって大学受験というとまだまだ先のことに思えるかもしれませんよね?

そこで、中高一貫生を対象とするコースのある講座を受講することで、常に大学受験を意識した勉強に取り組むことができます。

 

大学受験に出題されるのは高校課程の学習範囲になりますが、その基礎となるのは中学課程に他なりません。

 

この時期にしっかりと将来の土台となる基礎学力を定着させることができるカリキュラムが練られた家庭学習ができる講座がおすすめです。

 

中高一貫生対象の中学講座があるのは2つ

実際に通信講座で「中高一貫」コースを用意しているのは

進研ゼミ中学講座 中高一貫コース
Z会の通信教育 中高一貫コース

の2つになります。

この2つの講座はまさに中高一貫生のためのコースとなっています。

 

進研ゼミ・Z会 比較表(概要)

  進研ゼミ Z会
対象 中高一貫校に通う中1~中3生
学習スタイル オリジナルスタイル
ハイブリッドスタイル
テキストスタイル
iPadスタイル
使用するタブレット 学習専用タブレット
(チャレンジパッド)
iPad
コース・レベル スタンダード
ハイレベル
一貫標準
一貫発展
受講料 8,600円/月~
(9教科対応)
3,162円/月~
(1講座~)
受講科目選択 5科目セット 1科目から受講可
入会 2ヵ月以上の継続が原則 1ヵ月から受講可能
退会 前々月25日までに要手続き
(電話のみ)
前月指定日までに要手続き
(WEB・電話)

 

どちらも【中高一貫校に通う中学生】が対象となる、通常の中学生講座とは別のコースが用意されています。

学習スタイルで紙テキスト使用とタブレット使用の2通りから選べる、レベル別コースがあるといった点では似ています。

Z会のiPadスタイルも、進研ゼミのハイブリッドスタイルもタブレットメインで学習しますが、副教材では紙教材も併用するブレンド型学習となっています。

 

使用するタブレットはZ会ではiPadを使用(iPad以外のタブレットは未対応)しますが、進研ゼミではチャンレンジパッドという進研ゼミオリジナルの学習専用タブレットを使います。

 

どちらもタブレットなら何でもOKというわけではありません。

特に進研ゼミの場合には進研ゼミの学習専用タブレットになるので、ゼミの学習以外では使えません。

その反面、外部サイトに接続できない設計になっているので、勉強中の「寄り道」が心配な場合には進研ゼミのタブレット学習はおすすめです。

iPadでも機能制限で子どもが不必要なアプリや設定に触れないようにすることはできますが、パスワードなどがわかれば子どもでも解除や変更できるので、タブレットで遊んでしまう心配があるなら学習専用タブレットを使う進研ゼミの方が安心でしょう。

 

受講は進研ゼミは5教科+副教科(実技を含む)の9教科対応でセット受講になり、1科目だけの受講はできません。

一方、Z会では1科講座からの受講が可能になりますが、1講座3,612円~と高めの設定。

必要ない1科目だけに受講を絞るのであればZ会がおすすめですが、全般的に安定した成績アップを狙うのであれば5教科まとめて取り組める進研ゼミがおすすめです。
※ 定期テスト前には実技を含む9教科対応になります。

 

資料請求はこちら

 

進研ゼミ・Z会 比較表(学習)

  進研ゼミ Z会
対応教科 9教科 5教科
副教科 ◎ (実技含む) ×
定期テスト対策
英語対策(4技能)
添削指導
個別学習プラン
授業と進度が異なる場合の対応 進度リクエスト カリキュラム相談センター
学習サポート
オンライン・ライブ授業 ◎ (双方向型) ×
映像授業

学習面での大きな違いは対応教科とライブ授業になります。

Z会では、基本的には定期テスト対策もできるものの副教科については未対応。
一方、進研ゼミは実技を含む9教科対応となっています。

そのため、定期テストで全般的に好成績を残して内申点アップを狙う場合には副教科までしっかり対応する進研ゼミが圧倒的に有利になります。

また、双方向のライブ授業があるのも進研ゼミのポイント。
双方向型でチャットでリアルタイムで質問できるのも心強いライブ授業といえます。

対応教科や双方向型オンライン授業といった違いから見えるのは、同じ中高一貫コースでもどちらかというと進研ゼミよりもZ会の方がより難易度の高い大学受験を目指す生徒向けといえるでしょう。

高校講座の大学合格実績では、若干ではありますが、東大・京大への合格実績はZ会の方が高め。
中学生の時点で東大や京大といった最難関大学への受験を考えるているのであればZ会がおすすめといえます。

 

ただし、進研ゼミでも東大・京大合格者は多数実績があるので、学校での定期テスト対策も全般的にしっかりとこなしながら難関大学を目指すのであれば副教科まで勉強できて、リアルタイムのオンライン授業も受講できる進研ゼミは安定した学習ができておすすめです。

 

資料請求はこちら

 

共通ポイント

個別の学習計画で取り組める

授業の進捗状況に合わせてもらえる

英語4技能までしっかり英語学習に取り組める

学習スタイル(紙教材とタブレット学習)が選べる

レベル別プランがある

添削指導がある

映像授業がある

 

〈進研ゼミとZ会〉中高一貫コースならどちらがおすすめ?

2つの講座、一概にはどちらが良いとは言えません。

学校のレベルや目指すところ、個人個人がどういった勉強をしたいのかによって選び方は異なりますが、総合的にみておすすめなのは進研ゼミの中高一貫コースでしょう。

中高一貫コース おすすめは進研ゼミ

全体的に進研ゼミとZ会は共通するポイントが多いのですが、

 

9教科対応で定期テスト対策もしっかりできる

コスパが良い

学習専用タブレットを使用する

 

といったポイントから、基本的には中高一貫生には進研ゼミ中学講座の中高一貫コースがおすすめです。

 

特に、世界が広がり色々なことに興味を持つようになる中学生にとって勉強中にインターネットを使うことには、SNSや外部サイトへの「寄り道」というリスクは大きくなります。

学習専用のタブレットで安心して勉強を任せられる環境を用意しておきたいですよね?

 

そういったことからも進研ゼミ中学講座の中高一貫コースはおすすめできる講座です。

 

進研ゼミ中学講座の中高一貫コースはこちら

 

進研ゼミ中高一貫のおすすめタイプ

 

学習習慣を身に付けたい

副教科までしっかりと定期テスト対策をしたい

中学課程での理科・社会もしっかり基礎力を付けておきたい

できれば費用は抑えたい

タブレット学習では学習以外の使用は控えたい

 

※ 進研ゼミ中学講座中高一貫 受講生の主な通学校一覧はこちら
https://chu.benesse.co.jp/ck/tugaku/

 

Z会中高一貫のおすすめタイプ

 

必要な科目だけ受講したい

最難関大学、難関大学への受験を視野に入れている

基本的な学校授業で困ることはない

更なる成績アップ、上位成績のキープなどを目的としている

高校受験を考えている

1ヵ月だけ試してみたい

手持ちのiPadがある

紙教材は必要ない(iPadスタイル)

 

大学合格実績はこちら → Z会

Z会中高一貫コース資料請求

中高一貫生が使えるその他のオンライン学習

通信講座で中高一貫コースが備えられているのは〈進研ゼミ〉〈Z会 〉ですが、オンライン講座では〈スタディサプリ 〉〈すらら〉があります。

 

スタディサプリもすららも【中高一貫】コースが特別に設けられているわけではありませんが、

eラーニング学習

どの学年の授業でも、いつでも受けることができる

という点から、中高一貫生でも受けやすい学習方法となっています。

スタディサプリは一応、学年設定がありますが、入会すると小学校4年生から高校3年生までの映像授業が受け放題となっているので、中高一貫の先取り学習でも十分活用できます。

 

また、すららは無学年式学習方法となっているので個人の学習の進み具合に応じた勉強ができます。

学校授業が一般の中学校よりも早く進む中高一貫生の家庭学習でもスムーズに勉強に取り入れることができます。

 

まとめ

中高一貫校に通う中学生におすすめの通信講座2つをご紹介しましたがいかがでしたか?

 

進研ゼミとZ会のどちらも中高一貫生に特化したコースが準備されていて、中高一貫カリキュラムならではの学習プランに合った勉強ができるようになっています。

 

共通するポイントも多いですが、大まかに考えるなら、

選び方point 受講したい教科数

目指す大学の偏差値

を考えながら、どちらを選ぶか検討してみてはいかがでしょうか?

 

両社とも、資料請求で無料の見本教材がもらえるので、まずは資料請求してみてくださいね。

資料請求はこちら