個別教室のトライの授業時間は何分? 3つのプランからコストを抑えて効率的に学習できる選び方をご紹介します

※このページはPRを含みます

黒板と時計と「個別教室のトライの授業時間」の文字

個別教室のトライの授業時間て何分?

個別教室のトライの授業時間は

120分・150分・180分
3通り
※ 小学校低学年(~小3)のみ90分も可

いずれの場合も、後半60分が演習時間(タブレット学習含む)に充てられ、時間が長くなる場合は、前半の授業(講師の指導)時間が長くなります。

他に、授業時間を増やしたい場合にはコマ数を追加(1週間の授業回数を増やす)もできます。

個人的には

授業時間を長くするのがおすすめ!

同じ指導時間でも費用をぐっと抑えられます。

個別教室のトライの授業時間と、授業時間の上手な増やし方について、分かりやすくご紹介しますね。

資料請求と無料体験の申込ボタン
カンタン30秒でアドレスにお届け!
資料はスマホですぐに見れますよ!

個別教室のトライは何分授業?時間と内訳

黒板と黒板消しとチョークと時計

基本の授業時間は120分
※ 小学校低学年(~小3)のみ90分コースあり

これが一番短いコースになるんですね。
他の個別指導塾に比べるとかなり長いんです!

他には150分180分と授業時間の長さを選べます。

授業時間の長さと内訳

授業時間120分150分180分
講師の指導60分90分120分
演習※160分
※ ~小3対象の90分授業の場合は60分(指導)+30分(演習)
※1 中高の演習時間はタブレット学習(20分程度)を含む

時間が長くなる場合は、前半の講師の指導時間が長くなります。

後半の演習時間60分。これはどのコースでも変わりません。

授業時間を長くする場合のプラン

授業時間では複数科目の指導も可能なので、

複数科目で時間を長くする場合
  • 150分授業の90分の指導時間
     → 60分は数学、30分は英語
  • 180分授業の120分の指導時間
     → 60分は国語、60分は英語

など、時間割を自由にカスタマイズできます。

また1科目でも

1科目で時間を長くする場合

150分授業の90分の指導時間
 → 60分で学校授業の復習サポート、30分で予習授業

など、時間内であれば希望でプランを設計できるんですね。

個別教室のトライ

授業時間とコマ数の追加はどう違う?

授業時間

1回(1コマ)あたりの授業時間(講師の指導時間)が長くなる

コマ数の追加
  • 1週間の授業回数(通室回数)が増える
  • 演習時間も増える

授業時間を長くする(150分や180分にする)と講師の指導時間だけが増えるのですが、コマ数を追加すると演習時間も追加コマ数分増えることになります。

コマ数追加よりも時間を長くする方がお得!

時計を持つ手と「時間を長くする方がお得」の文字

ご紹介してきた通り、授業時間を長くすることで、講師の指導時間だけが長くなります。

例えば180分授業なら、講師の指導時間は120分

1コマ追加と指導時間は同じ(60分×2コマ)ですが、

中3生の料金でご紹介

120分授業は30,690円(基本料金)
ですが
180分授業なら43,230円(基本料金)

ですが、1週間に1コマ追加すると↓

基本料金30,690円

23,500円
(6325円/コマ単科×4回)
55,990円

指導時間は同じ120分でも、12,760円も違うんですね。
この金額↑は演習時間の違い

講師が付かない演習時間分としてこの金額を払うよりも、1回の授業時間を長くして費用をおさえる方がお得ですよね。

個別教室のトライはいつでも自習室を無料で使えるので、空いた時間に自習室に行って演習時間を使うと無駄がないですよね。

もちろん演習時間分を自宅学習でもOK。

150分(2時間半)、180分(3時間)というと長く感じるかもしれませんが、実際にはコマ数追加よりも、こちらで時間の調整をされる生徒さんの方が多いそうです。

科目を切り替えたり、後半60分は演習でひたすら問題を解いたり(内20分程度はタブレット学習)なので、思いのほか時間は長くないそうです。

無駄なく効率的に授業時間を使うのであれば、コマ数追加よりも時間の延長の方がおすすめです。

\個別教室のトライ/
今すぐ詳しい資料を見てみる!
資料請求後にすぐにメールで届きます

タイプ・パターン別おすすめの授業時間の増やし方

ただし子どものタイプや生活パターンによって、使い分けることもできるので、ご紹介しますね。

1コマあたりの授業時間を増やすのがおすすめな場合

時計と時間と矢印
  • 費用を抑えて指導をしっかり受けたい
  • 1回の授業で複数科目を受講したい
  • 1週間に何度も塾に通うのは大変!

授業コマ数を追加するのがおすすめな場合

1週間のスケジュール表
  • 長時間になると集中力がもたない
  • 科目ごとに曜日を分けたい
  • 自宅学習(宿題や自主学習)が苦手。塾で済ませたい。
  • 1週間に2日以上教室に通える時間的・体力的な余裕がある

自由度の高い授業で効率的に成績アップ!
個別教室のトライ

個別教室のトライの授業時間について まとめ

指導と演習の合計120分が基本の授業時間になりますが、時間を伸ばすと「指導時間」が長くなるので、さらにコスパの良い個別指導を受けられます。

ただし、子どもの性格や生活パターンなどによっては授業コマ数を追加するほうが良い場合もあるので、まずは相談してみてくださいね。

資料請求と無料体験の申込ボタン
カンタン30秒でアドレスにお届け!
資料はスマホですぐに見れますよ!

※ 当サイトは提携する教材、教室、学習方法等のPR情報を含んでいます。
※ 当サイトで掲載している内容はできる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※ 各サービス、教材等のお申し込みは、必ず公式サイトで内容をご確認のうえ、ご判断ください。
※ 記事内で紹介されている意見はあくまで個人的なものです。企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※ 本メディアの個人情報の取り扱いはプライバシーポリシーをご確認ください。

個別教室のトライ