浜学園〈小4〉月謝を徹底解説!年間負担額や他塾との比較の最新情報

テキストと円マーク

浜学園でそろそろ中学受験対策をしたいけど、4年生でいくらぐらい月謝が必要なんだろう・・・

4年生ともなると、中学受験に向けて本腰を入れたい時期!
関西トップクラスの合格実績がある浜学園 で!、と考えるご家庭も多いと思います。

ただ、事前に毎月かかるお月謝については知っておきたいですよね?

ここでは浜学園での小4の月謝について詳しく解説しています。
ぜひお役立てくださいね。

※ ご紹介している費用はすべて税込価格でご紹介しています

↓教室を探す・もっと詳しく見てみる↓
※ 学年毎の費用やカリキュラムを知るには資料請求が必要です

浜学園〈4年生〉月謝はいくら必要?

※ 税込
※ 2022年度の情報です
※ 4科での設定はないため、4科受講希望の場合は「3科+単独社会」となります
※1 「マスターコース社会のみの単独受講」は不可
浜学園 4年生の授業料
マスターコース 3科37,400
土曜マスターコース 2科
復習テストなし19,800
復習テストあり25,300
土曜マスターコース 3科復習テストなし26,400
復習テストあり34,650
マスターコース社会
※1
9,900
最高レベル特訓算数併修生料金単独生料金
8,80016,170円
難問解消1,100
灘中合格特訓算数・国語セット併修生料金単独生料金
5,500円12,210円

4年生は基本(マスターコース)は3科で設定されています。

これは関西の最難関中学(灘や甲陽など)が3科受講になっているためのようですね。

必要であれば別途社会を受講しますが、月2回(第一・第三日曜日)実施型毎週実施型(土曜日)から選択できます。
費用は同じになります。

関西でも神戸女学院などは4科受験なので追加受講が必要ですよね。

3科受講37,400円
4科受講:37,400円+9,900円=47,300円

最難関校を受験するのであれば最高レベル特訓などが加わるので

3科受験(灘、甲陽など)
37,400円+8,800円+1,100円=47,300円
37,400円+8,800円+1,100円+5,500円=52,800円

4科受験(神戸女学院、四天王寺中学など)
37,400円+9,900円+8,800円+1,100円=57,200円

浜学園 の小4のベーシックな月謝となります。

浜学園の場合には、年間授業料を12等分したものを毎月支払う形になっていますが、季節講習期間も通常授業があるため「8月だから支払いが変わる・・・」ということもありません。

また、雑費用や施設使用料などの名目で月々必要になるものもないので、ご紹介している毎月の支払い以上になることがないのでご安心くださいね。

土曜マスターコースについては2科と3科から選択で、こちらも必要であれば社会を追加となり、復習テストの有無で費用が若干変わります

これは個人的な意見ですが、浜学園は徹底した復習主義を掲げている塾なので、復習テストは受けておいた方が絶対に良いと思っています。

面白いことに、土曜マスターコースに限っては小4と小5で月謝が同じなので、2年間は安定した費用でOK。

ならば、多少月謝が上がるとしても土曜マスターコースは「復習テストあり」がおすすめです。

月謝の他に必要な費用

手のひらの円マーク
  • 入会金:23,000円
  • 教材費:約4,6000円/年
  • 季節講習代※

浜学園の月謝には公開学力テストの費用が含まれるため、毎月の費用以外にかかるものはたったこれだけ!

入会金は兄弟割引があるので「兄弟が浜学園に通っている」または「卒塾生(その時点で高3まで)」であれば割り引きされます。

教材費は年間料金で、最高レベル特訓算数は別途13,000円ほど必要に。

どちらも入塾時に必要な費用を支払いますが、教材は追加されることもあります。

とはいえ、あとから必要になる教材は初回ほどまとまった費用が必要なものではないので「後から高額な教材費がかさんだ!」という心配はありません。

季節講習※ はほとんどの塾生が受講しますが、強制ではないため受講するのであれば支払いが生じるということに。

浜学園 ではこれら以外に塾に払う費用はないので、入会金、教材費、(必要なら季節講習費)を払えばあとはほぼ定額で小4の1年間を受講することができるので、安心ですよね。

もっと詳しくみてみる 浜学園

浜学園小4の月謝を他塾と比較・検証!

6つの大手中学受験塾名と勉強する子どもたち
※ 税込
※ 3科で比較していますが、日能研は2科か4科から選択になります
※ 基本講座の比較になります
小4 中学受験塾の月謝比較
浜学園37,400円
希学園33,000円
SAPIX41,800円
馬渕教室24,200円
日能研2科:15,675円
4科:20,900円
進学館30,800円

小4の月謝だけを比較すると、浜学園はSAPIXに次いで高くなっています。

ですが、浜学園 では月謝以外に月あたりにかかるコストないため(※ 通塾費は除く)、実質的には馬淵教室や希学園とそれほど変わらないことに。

特に希学園では灘などの最難関校を目指す場合の「特訓コース」料金が浜学園よりも高くなるため、合計すると希学園の方が高額に。

灘中受験対策では・・・

浜学園
37,400円+8,800円+1,100円+5,500円=52,800円

希学園
33,000円+11,000円+14,300円+5,500円=63,800円
(基本講座+最高レベル演習(国語・算数)+灘クラブ特訓)

また、日能研や馬淵教室、希学園、進学館では塾によって、月例のテスト費用指導関連費諸雑費という名目で授業料に加算された料金がかかるので、月謝としては「浜学園は高い!」とはいえません

↓教室を探す・もっと詳しく見てみる↓
※ 学年毎の費用やカリキュラムを知るには資料請求が必要です

「浜学園小4の月謝」など費用についてのまとめ

  • 浜学園小4の月謝は基本(3科・平日)37,400円(税込)
  • 灘中合格を目指すなら52,800円/月
  • 神戸女学院合格を目指すなら57,200円/
  • 月謝以外で必要な費用は「入会金」「テキスト代」「季節講習代(希望者のみ)」で月額負担額がわかりやすい!
  • 浜学園では季節講習期間も通常授業があるので、月謝に無駄な期間がない
  • 他塾と比べても、月額負担額はあまり変わらない

4年生になると、いよいよ本腰を入れて中学受験準備がスタートしますよね。

浜学園は灘中合格者を多数出している塾ですが、もちろん難関校、中堅校の合格実績も高く、これから中学受験塾を探しているご家庭にもおすすめ!

費用面はわかりやすく、月あたりの負担額がわかりやすいので、安心して通わせることができます。

安定した実績を誇る浜学園 でお子様の志望校合格に向けて入塾を検討してみてはいかがでしょうか?

↓教室を探す・もっと詳しく見てみる↓
※ 学年毎の費用やカリキュラムを知るには資料請求が必要です