チャレンジパッドのタッチペンが壊れた!進研ゼミ学習専用タブレットのアクセサリーは購入できる?ACアダプターやカバーは?

進研ゼミチャレンジタッチの本体とタッチペンチャレンジパッドは進研ゼミの小学講座のチャレンジタッチや中学講座のハイブリッドスタイルといったデジタル学習では必ず必要になります。

本体自体には無料、有料の保証サービスがありますが、付属品のタッチペンやACアダプター、専用カバーなどについてはどうなのか気になるところですよね?

チャレンジパッドの保証サービスについてはこちら

ここではチャレンジパッド(チャレンジパッド2を含む)のタッチペンやその他の付属品が故障したり壊れた場合についてご紹介します。

進研ゼミ中学講座に今すぐ入会するにはこちら
⇒ 進研ゼミ小学講座はこちら
⇒ 進研ゼミ高校講座はこちら

チャレンジパッドのタッチペンは再購入できる

タッチペンだけではなく、チャレンジパッドが手元に届くときに付属品として一緒に届けられる専用カバーや、専用アダプターも同様に再購入することができます。

 

ただし、最初のお届け時は付属品として専用アクセサリーは無料で付いていますが、再入手時には追加購入となり費用がかかります

 

ベネッセでは基本的に故障や破損といった場合でも修理ではなく交換や再購入となるので、修理すれば使えそうと思っても買いなおしになります。

 

タッチペンなどの購入方法

紛失や破損、故障した場合には電話連絡で購入することができます

 

電話連絡時には会員番号が必要になるので、手元に番号を用意して電話してくださいね。

 

また、支払い方法はクレジットカード、振込(郵便局・コンビニ)になりますが、振込の場合には少額でも手数料がかかるのでクレジットカード払いがおすすめです。

 

タッチペンなどの専用アクセサリーをお得にゲットする方法としてはメルカリやヤフオクといった場所での購入もあるので送料などを考えてお買い得なものがあればそういったものの活用もいいかもしれませんね?

 

また、努力賞ポイントでタッチペンやお洒落な専用カバーなどは交換可能なので、子どもと相談して努力賞ポイントをそういったものに活用してもいいですね?
※ ACアダプターは努力賞プレゼントにはありません

進研ゼミ中学講座の努力賞って何?ポイントの貯め方、使い方や利用期限からもらえるプレゼントをご紹介
進研ゼミ中学講座の努力賞についてご紹介します。 入会や受講を考えているなら、進研ゼミに努力賞があるということに気付くかもしれません。 でも 努力賞って何? どんなメリットがあるの? どうすればポイントが貯まるの? 何...

 

ただ、努力賞ポイントはあくまで子どもが頑張った結果なので、個人的にはできるだけ子どもが納得した場合にタッチペンなどにするほうが良いかな…と思います。

 

タッチペンに関しては、必ずしも専用のタッチペンでなくても使えるとホームページ上でも掲載されています。

 

感圧式用のタッチペンであれば市販品でも代用できるので、お気に入りのタイプや、もう少しお手頃なもので考えるのであれば探してみてもいいですよね?

 

チャレンジパッド専用アクセサリーの値段

それぞれの価格は以下の通りとなります。

専用タッチペン 540円(税・送料込み)
専用アダプター 2,138円(税・送料込み)
専用カバー 1,080円(税・送料込み)

税込、送料込みの価格なので意外にお手頃な感じがしますよね?

子どもが使うものなのでこれくらいの値段であれば安心です。

 

お届けは受付後、約1週間

タッチペンなどの購入品のお届けには約1週間かかるようです。

その間は手やほかのタッチペンを使えば学習を進めることはできます。

 

チャレンジパッドでは市販の感圧式用タッチペンも使うことができるので、予備のタッチペンがない場合には到着までの間は100均のタッチペンを使ってもいいでしょう。

 

ただ、個人的には長く100均のタッチペンを使うことは避けたいかな…と思っています。

100均製品が良くなっているとはいえ、チャレンジパッドに傷が付いたり反応が悪かったり、といった心配があるのであくまで新しいものが届くまでの間の代用品として使うことをおすすめします。

 

タッチペンなどの付属品に保証サービスは使える?

付属品も1年間の無料保証サービスの対象となっているのでタッチペンやアダプターの初期不良や自然故障にも対応してもらえます。

 

一方、有料保証サービスは、サポート期間中であれば1回あたり3,240円(税込)で交換が原則となっているので、アクセサリーの故障や破損であれば単品で購入するほうが負担が少なく済みますよね?

 

まとめ

タッチペンなどはスマイルゼミも同じようなお手頃な料金となっています。

 

子どもが使うものなので、これくらいの価格設定であればたすかりますよね?

 

アダプターはチャレンジパッド専用のものでなければ使うことができませんが、タッチペンやカバーは専用でなくても使えるものがあるようなので、お気に入りのものがあるならそういったものでも使えるので無駄がなさそうです。

 

⇒ 進研ゼミ小学講座はこちら
⇒ 進研ゼミ高校講座はこちら