Wifiがなくても進研ゼミの受講はできる!家にWifiがない場合の進研ゼミの受講方法とは?

進研ゼミの受講を考えていても、タブレット学習の場合にはWi-Fiが必要になります。

 

でも実際には必ずしも家庭にWi-Fi接続があるわけではないでしょう。

進研ゼミに限らず、タブレット学習を扱う場合には接続にWi-Fiを推奨していますが、では、Wifiがないと受講できないのでしょうか?

 

ここでは進研ゼミをWi-Fi環境のない家庭で受講させる方法と、もしWi-Fiを準備するならどれがいいのか…など、進研ゼミの受講を考えている方に向けてご紹介したいと思います。

Wi-Fiがないから無理かな…と諦める前に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

小学講座 入会はこちら

中学講座 入会はこちら

 

進研ゼミ〈チャレンジタッチ〉〈ハイブリッド〉で必要なWifi環境とは?

進研ゼミチャレンジタッチの本体とタッチペン

進研ゼミ小学講座のチャレンジタッチ
進研ゼミ中学講座のハイブリッドスタイル
中高一貫講座
では、タブレット学習があるため、Wifi環境が必要になります。

 

スマホなどの不安定な接続ではなく、常時接続が可能な光ファイバーなどのブロードバンドによる通信環境と無線LAN(Wi-Fi)環境が必要に。

 

これは毎月配信される、学習用のコンテンツをチャレンジパッドにダウンロード(取り込む)ことをしなければいけないため。

 

ダウンロード中に通信が切れてしまうと、きちんとコンテンツがタブレットに落とせない(取り込めない)ため、安定した通信環境が必要になるのです。

 

サポートデスクに問い合わせたところ、

「有線でのご使用はいただけません」

とのことなので、LANケーブルで接続した有線LANには対応していないようです。

確かに、チャレンジパッドにはどこにもLANケーブルを接続するところはありません。

 

そのため、チャレンジタッチハイブリッドスタイルを受講する場合にはWi-Fiで常時接続できる光回線やケーブルテレビ、ADSLなどの無線LANでインターネットに接続できる環境が必要となります。

 

もし、家のインターネット環境が無線LANかどうかわからないという場合には

◎ パソコンを持っていて、お家でLANケーブルを使わずにインターネットに接続できる
携帯ゲーム機(DSなど)を自宅で使う際に、インターネットに接続できる
据え置き型ゲーム機(PSやSwitch など)を使う際に、LANケーブルを使わずにインターネットに接続できる

このどれかに該当するようであれば無線LAN(Wi-Fi)環境が整っているということになります。

 

※ おすすめの常時接続が可能なブロードバンドによる通信環境と無線LAN(Wi-Fi)環境
 
回線の種類
接続可能
エリア
高速通信
常時接続
光(FTTH)
CATV
インターネット
○/◎
ADSL
一般電話回線
ISDN
 

小学講座 入会はこちら

中学講座 入会はこちら

 

家にWi-Fiがなくても進研ゼミを受講する2つの方法

タブレットと女の子

では、ご紹介したようなWi-Fiが自宅になければ、進研ゼミは受講できないのかというとそんなことはありません!

対策は2つ

一つはオリジナルテキストを使用する進研ゼミ小学講座〈チャレンジ〉進研ゼミ中学講座〈オリジナルスタイル〉を受講すること。
※ 中高一貫講座ではタブレット学習が必須になるので、中高一貫講座ではこの選択は不可。

 

タブレット学習にこだわらず、進研ゼミの充実した教材や方針、価格設定に魅力を感じて入会を考えているのであれば、Wi-Fiの準備の必要がない、オリジナルテキストを使った学習方法を選択するのもアリだと思います。

 

実際に、入会時のタブレット学習とオリジナルテキストの選択の割合は5:5だそうで、書くことを重視した紙テキストを使った従来の学習方法も人気です。

 

タブレット学習にこだわらないのであれば、Wi-Fiの必要がない紙テキストでの学習方法の選択も良いでしょう。

 

もう一つの方法は、無料でWi-Fiが使えるオープンネットワークを提供している場所でダウンロードを済ませるという裏技!

 

誰でも無料でWi-Fiが使えるスペースがあるので、そういった場所でダウンロード期間にコンテンツをダウンロードして持ち帰ることもできます。

 

メインレッスン以外でも「まなびライブラリー」や「学習アプリ」でも通信を使うものもありますが、主には毎月のコンテンツになるので、まずはメインレッスンのコンテンツさえダウンロードできれば毎日の学習に大きな支障はありません。

また、「まなびライブラリー」や「学習アプリ」といった教材もダウンロードできるので、事前にチャレンジパッドにダウンロードしておいたものに関してはWi-Fiがない場所でも使用することができます。

 

ダウンロードした教材についてはインターネットがつながらない場所でも学習することができるので無駄はありませんよね?
※ ただし、一度にダウンロードできるのは1ヶ月分だけで、教材の保存期間は60日間となるためダウンロードする日にちには要注意です。
例えば12月25日配信のコンテンツは2月23日まで保存されているのでそれまではダウンロードできますが、2月24日以降はダウンロードできなくなります。

 

フリーWi-Fiを使えば、自宅にWi-Fiがなくても進研ゼミのタブレット学習は可能ということです。

こうしたオープンエリアでの無料Wi-Fiは不特定多数の人が利用する目的となっているので、高速の安定した接続となっています。

 

ただ不特定多数…というとセキュリティ―面が心配になるかもしれませんが、学習内容のダウンロードだけなので、何かを盗み取られる心配のある内容ではありませんよね?

 

例えばカフェやコンビニ、公共交通機関では無料Wi-Fiスポットを提供している場所が多数あります。

ダウンロード時に個人情報を送信することはないので心配いりません

 

進研ゼミのタブレット学習のコンテンツをダウンロードするなら使いやすい場所としてはマクドナルドスターバックスドトールコーヒーコメダ珈琲など、何気なく使えるカフェはおすすめ。

 

イートインコーナーのあるコンビニでもできますが、利用者が少ないのでおもむろにチャレンジパッドを出してダウンロードするのもちょっとひと目がきになるかもしれませんね?

マクドナルドなどであれば、常に多くの人がいるし、コーヒー1杯も手軽な料金なのでダウンロードのためだけに訪れてももったいなくはないと思います。

 

進研ゼミのタブレット学習で勉強するためにどうしても通信が必要なのはアプリやコンテンツのダウンロード時になります。

 

家にWi-Fiがない場合でも、他にWi-Fiを使う必要がないのであればこうした無料Wi-Fiスポットを利用するのもアリだと思います。

 

ちなみに、毎月のコンテンツ配信は25日になっているので、学習に支障がないように月末までに忘れずに次月号のコンテンツをダウンロードできるように予定しておいてくださいね。

 

小学講座 入会はこちら

中学講座 入会はこちら

 

そもそもWIFIって何?

wi-fi接続とクエスチョンマーク

でも、よく耳にはするけど、そもそもWi-Fiって何?という人も多いのではないでしょうか?

 

Wi-Fiとは一定の規格に定められた機器を用いた無線LAN接続の一つ。
つまり、ケーブル(線)で接続していない無線のインターネット接続です。

 

無線LANとどう違うの…?というと、Wi-Fiも無線LANに含まれるので、規格が決められて色々なデバイス(スマホやタブレット、パソコンなど)に対応できるのがWi-Fiということです。

 

一定の規格にあてはまる無線LAN機器を利用したインターネット接続と考えると良いでしょう。

 

小学講座 入会はこちら

中学講座 入会はこちら

 

Wi-Fiを自宅に用意する2つの方法

チャレンジタッチやハイブリッドスタイルのような進研ゼミのタブレット学習は毎月、学習用コンテンツをダウンロードする必要がありますが、ご紹介した通りオーブンエリアでのWi-Fiを使用すれば自宅にWifi環境がなくても受講できます。

でも
✓ この際、Wi-Fiを取り入れてみようかな…
✓ 毎月、Wi-Fiスポットまで出向くの面倒だし…
✓ 人目が気になって恥ずかしいかも…
という場合には、Wi-Fiを用意してもいいかもしれませんね?

 

その場合に、Wi-Fiを用意するためには
① 購入
② レンタル
の2つの方法があります。

 

家にインターネット接続がある場合には無線LAN(Wi-FI)ルーターを用意するだけで大丈夫です。
この場合には月々のレンタル料金を支払うより、いっそ購入するほうがお得になります。

 

家電量販店やAmazonで5,000円~売られているWiFiルーター(無線LANルーター)を自宅のモデムに接続するだけでWifi環境になります。

接続方法はたいていの場合、接続ガイドの通りにすすめれば簡単に接続できます。
実際に機械オンチの私でも接続できたので、図解通りにすすめれば大丈夫!

 

チャレンジタッチやハイブリッドスタイルを選ぶなら、進研ゼミがNECの無線LAN(Wi-Fi)ルータを限定価格で提供してくれるので、そういったサービスを利用するのもおすすめです!

この場合にはメーカーのサポートもしっかりとしているのでどうしても接続がうまくいかない場合にもしっかりと対応してもらえるので安心ですよね?

 

進研ゼミからのルータのご購入はチャレンジタッチやハイブリッドスタイルをWEBから申し込み、完了画面でご案内があります。

 

自宅にインターネット接続がない場合にはレンタルがおすすめ

外出先でも使用できるモバイルWiFiコンセントにつなぐだけWiFiがあります。

 

モバイルWiFiではSo-net モバイル WiMAX 2+であれば月額3,380円~と安く、ソニーの運営ということもあって信頼性やサポートも充実しているので安心ですよね?

外出先でも使用できるのが魅力です。

【So-net光のお申込み専用サイト】

コンセントにつなぐだけWiFiは何といっても簡単!
SoftBank Airであれば月額基本料金3,800円(税抜)~。
使用しているスマホがソフトバンクなら割引特典もあるのでこちらもおすすめです。


 

注意ポイント

進研ゼミのタブレット学習では学習コンテンツをダウンロードして学習を進めていきます。

 

そのため、いったんコンテンツをダウンロードしてしまえばWiFiはなくても受講できます。

ただ、コンテンツのダウンロードにはやはり安定した高速のインターネット接続が必要となります。

 

そのため、スマホのデザリング(スマホでタブレットを接続する方法))などでは安定した高速の接続が望めないため、おすすめできません

 

またチャレンジパッドにはインターネットケーブルの接続口がないので有線LANでの接続もできなのでやはりダウンロード時にはWi-Fi環境が必要となります。

 

まとめ

Wi-Fiのない家庭でも進研ゼミを受講する方法やチャレンジタッチやハイブリッドスタイルを始める裏技、Wi-Fiの準備などについてご紹介しましたがいかがでしたか?

 

また、赤ペン先生の添削課題の提出もスマホのアプリを使用するため、Wi-Fiを使用しなければいけないのはやはりコンテンツや学習アプリといった教材のダウンロード時になります。

 

このためだけにWi-Fiの用意をするももったいないというのであればオープンエリアでのWi-Fi接続を利用してコンテンツをダウンロードするのも良いでしょう。

 

ただ、毎月のことなので、この際Wi-Fiを準備するのも良いかもしれませんよね?

月額のコストと、利用頻度をよく考えて、どうするのか決めても良いと思います。

 

家にWifi環境がなくても進研ゼミの受講はできるので、Wi-Fiがないからといっても心配はなさそうですよね?

 

小学講座 入会はこちら

中学講座 入会はこちら