浜学園〈小5〉時間割|授業日数や講義開始・終了時間など詳しく解説します

5つの目覚まし時計

浜学園の小5の時間割ってどんな感じなんだろう・・・

中学受験塾は小学生にしてはハードなスケジュールであることが多く、特に5年生にもなると本格的な受験対策に入るため、是非とも時間割は知っておきたいですよね。

平日に他の習い事がある通塾に保護者のサポートが必要な場合などは、入塾前にしっかりチェックしておきたいですよね。

そこでここでは

この記事でわかること
  • 浜学園 小5の時間割
  • 授業日数と開始・終了時間

について詳しく解説します。

浜学園の5年生の時間割は、実はそれほどハードなものではありません。
標準コース(マスターコース)も1週間の授業時間は希学園や日能研と比較するとグッと短め。

それでも毎年、ハイレベルな合格実績を勝ち取る浜学園。
その時間割内容をご紹介します。

↓教室を探す・もっと詳しく見てみる↓
浜学園公式サイト
※ 学年毎の費用やカリキュラムを知るには資料請求が必要です。

浜学園の小5の時間割

※ 2022年度の時間割になります。

マスターコースの時間割

時間
17:05~18:55算数1st理科国語
19:15~21:05算数2nd社会
(選択)
※ クラスにより科目の順序が入れ替わることがあります
  • 1授業110分(復習テスト・解説55分+講義55分)
    ※ 算数2ndは110分(講義+演習プリント)
  • 第2日曜に公開学力テスト

土曜マスターコースの時間割

時間(11:05~16:15)科目
11:05~11:40理科(復習テスト)
11:45~12:40理科(講義)
13:00~13:35算数(復習テスト)※
13:40~15:35算数・国語(講義)
15:40~16:15国語(復習テスト)※
※ クラスにより実施の順序が異なる場合があります
  • 土曜日のみ実施
  • 復習テストは希望者のみ申込制(有料)
  • カリキュラム・テキストはマスターコースと同じ
  • 土曜マスターコースに社会はありません。社会を選択する場合は、マスターコースの社会、WEBスクールの社会を受講します

最高レベル特訓(算数・国語)の時間割

勉強する男子児童
科目
算数17:30~20:35
(授業)
20:40~21:10
(難問解消)
国語9:45~12:15
毎月第1、第3日曜(月2回)
※ 受講資格保持生のみ受けることができます
  • 月曜・土曜に授業
  • 月曜日は185分+30分、土曜日は150分
  • 「マスターコース」「土曜マスターコース」と重ならない時間割になっています

国語記述要請講座(選択)の時間割

  • 9月~12月(全8回)
  • 変則隔週水曜日実施
  • 19:15~21:05

基本となるマスターコースでは1回のが110分で2教科ある日でも授業時間は1週間にトータル220分(間に20分の休憩)

希学園が630時間日能研が590時間、と考えると、塾での学習時間は比較的短めといえます。

その分、浜学園では宿題は多めになりますが、徹底した復習重視の学習であれば、十分な時間配分だということですよね。

平日に塾に通うことが難しい場合や、保護者の送迎が平日はできない場合には、土曜マスターコースがあります。

進学塾では珍しく、他の大手中学受験塾では浜学園だけのようです。

平日に塾に通えない子どもでも最難関校を目指せる土曜日集中の時間割があるので、遠方からでも希望の教室に通うことができます。

開始時間、終了時間ともに、他の進学塾とあまり違いはなく、駅前委に教室が多い浜学園の場合は通うやすい塾といえます。

時間割に無理があるという心配はなさそうですよね。

↓教室を探す・もっと詳しく見てみる↓
浜学園公式サイト
※ 学年毎の費用やカリキュラムを知るには資料請求が必要です。

「浜学園の小5の時間割」まとめ

  • 小5の基本コース(マスターコース)は週3回(火・木・土)に授業
  • 1授業110分(前半復習テストと解説、後半講義)※ 算2を除く
  • 平日の通塾が難しい場合には土曜マスターコースが土曜日11:05~16:15にある
  • 他塾と比較すると1回の授業は長めの時間設定だけど、1週間の授業時間は短め

浜学園というと灘や神戸女学院など、関西屈指の難関校への合格者を毎年多数出している進学塾。

そんな塾なら、いよいよ中学受験対策が本格化する小5になると、

授業時間も長くなって、帰宅も遅くなるのでは・・・

そんな心配もありますよね?

でも、実際には浜学園の授業時間は他の中学受験塾に比べると短めで、短時間でギュッと学ぶイメージ。

週3回で1日は土曜日になるので、小学生の子どもの生活リズムに無理のない時間割になっています。

また、平日が難しい子どもには土曜日に集中的に取り組める時間割もあるので、通いやすい塾といえます。

効率的で効果的な中学受験対策を取れる、時間割設計となっています。

↓教室を探す・もっと詳しく見てみる↓


※ 学年毎の費用やカリキュラムを知るには資料請求が必要です。