〈浜学園〉Webスクールと通塾ならどっちがいい?それぞれの特徴やメリット/デメリット、費用やカリキュラムまで比較検証してみました

※このページはPRを含みます

パソコンと机と椅子

浜学園では全国46教室の他に、Webスクールも用意されています。
平日の通塾が難しいお子さまでもWebスクールで浜学園の指導を受けて、中学受験対策ができるようになっているんですね。

そこで気になるのが

浜学園のWebスクールと通塾だとどっちがいいんだろう…?

効率的な学習効果を求めるのであれば通塾になります。

ただし、場合によってはWebスクールが良い場合もあるので、詳しく比較、解説していきますね。

\資料請求・無料体験授業できます/
※ 無料体験授業は資格制です 
最新の費用、教室ごとの時間割は
資料請求で届きます

最難関狙いであれば通塾が安心!

リュックを背負ってあるく女児

Webスクールでもリアルでも使うテキストは同じになります。
また、講義を行うのも通常の授業を配信するため同じ講師陣になります。

入塾資格も同じレベルが求められるため、Webスクールでも通塾と同じレベルの学習に取り組むことができます。

ですが、実際には教室の緊張感やクラスメイトと切磋琢磨できる環境を考えると通塾がおすすめ

平日の通塾が難しい場合には土曜マスターコースも用意されているので、まずは教室に通うことを検討してみることをおすすめします。

ただし浜学園のWebスクールはは通塾の再現をコンセプトに構成されているためどうしても通塾が難しい場合には浜学園のWebスクールはおすすめです。

浜学園の資料を取り寄せる

浜学園 Webスクールと通塾を徹底比較!

黒板にかかれた「どっちがいいの?」の文字

ここからはWebスクールとリアル教室について詳しく比較しています

特徴とメリット・デメリット

Webスクール通塾
特徴浜学園の受験指導を自宅で再現!最難関校合格に強い!
充実した中学受験対策ができる
メリット・自宅で浜学園のハイレベルな授業・指導を受けられる
・通塾にかかる費用・時間をカットできる
費用が抑えられる
・1科目だけの受講ができる
・受講する科目を自由に組むことができる
・ハイレベルな授業を直接受けられる
・ライバルとの切磋琢磨でより実力アップを狙える
デメリット・モチベーションを保ちにくい
・ライバルと競い合って伸ばすことができない
・自分の立ち位置を実感しにくい
・通塾に費用・時間がかかる
・弁当の用意が必要
・webスクールよりも費用が高い

浜学園ではリアルでもWebスクールでも入塾時にはテストで入塾資格を取得しなければいけません。
受けるテストやレベルは通塾でもWebでも同じ。

教室で受けるかWebで受講するかの違いで、Webスクールだから入塾しやすいといったことはありません。
同じ学力レベルが求められます。

クラス編成も同じ設定。

webスクールはオンラインでも極力教室での学びを再現できるように仕上げられています。
そのため、ハイレベルなオンライン学習を自宅で取り組むことができます。

通塾は言うまでもなく、最難関校・難関校への合格実績を確固たるものにしている学習環境が用意されています。

Webスクールのメリット

  • 遠方でも浜学園の授業を受けられる
  • 送迎の必要がない
  • 子どもの身体的な負担が少ない(通塾の必要がない)
  • お弁当の用意が必要ない
  • 1科目だけの受講ができる
  • 複数受講の場合は、必要な科目を自在に組み合わせ可能

といった点。

ただし、学力強化の面で考えるとやはり通塾の方が効果は大きいといえます。
一流講師陣の授業をリアルで受けられるのはもちろん、その場での質問、ライバルとの緊張感ある授業、同じレベルの仲間との切磋琢磨などはリアルでなければ感じることはできません。

ですが中学受験を検討していてもこうした緊張感ある空気だと気後れしてしまうタイプのお子さまもいますよね?

また、近くに教室がない場合や平日の送迎が難しい場合にはWebスクールはとても便利で効果的な中学受験対策です。

ご家庭のバックアップできる状態やお子さまの性格と照らし合わせて、適した方を選びたいところです。

ひとつはっきり断言できるのはWebスクールでも通塾でも保護者の負担は違う形でかかってきます

webスクールであれば自宅での学習計画の管理が必須。その代わりお弁当や送迎の負担はありません。

通塾の場合には逆になります。
時間割通りに塾に通うので、計画通りに進めることはできますが、送迎やお弁当が必要になってきます。

どちらにしても宿題や復習については家庭でのサポートは必須になるので、保護者の負担についてはどちらが軽いということはいえません。

次でご紹介しますが、テキストや講義をする講師は同じになりますが、料金面ではWebスクールの方が若干安くはなります。

費用も含めておうちの方がどちらの方がサポートしやすいのかも検討材料の一つとなりそうですよね。

まずは資料を取り寄せて比較!
浜学園 公式サイトはこちら

Webスクールとリアル教室 教材比較

浜学園のテキスト

浜学園では実際に塾に通う塾生とWebスクール生は同じテキストを使用します。

配信動画で授業を行う講師ももちろん同じ
クラス編成や教室(Webスクールの場合は所属教室)が決められることも同じです。

リアルで講師に指導してもらう内容は同じ内容で動画配信されます。
ただ一つ、復習テストだけはスタイルが異なり紙で送付されます。

浜学園の通塾生の場合、多くはテストをファイリングなどして、子どもの苦手分野のチェックや暗記学習に役立てます。

Webスクールの場合も復習テストは送られてくるので、トライした後は通塾生と同様に活用できるようになっています。

ただしこうした教材を無駄なく役立てるためには教室と同じ進度でこなさなければいけません
ご家庭での保護者のフォロー・サポートは通塾生以上に大きくなります。

逆にいうとサポートさえできれば、教室と同じ学習計画(進度)・同じ教材で学ぶことができるので、Webスクールだから物足りないのでは…という心配はありません!

料金比較

学金はWebスクール・通塾ともに税込み23,000円となります。

小1料金比較

Webスクール通塾
2科目なし15,510円
算数最高レベル特訓
(マスターと併修)
4,510円5,500円
算数最高レベル特訓
(単独受講)
9,130円11,110円
※ 2023年2月現在

小1ではWebスクールの授業は用意されていません。
通塾の場合でも2科目セットで隔週で国語と算数の授業を受けることになります。

ただし、最高レベル特訓・算数は用意されています。
費用はWebスクールの方が1,000円弱安く設定されています。

浜学園 公式サイトはこちら

小2料金比較

Webスクール通塾
1科目
(国・算)
9,350円設定なし
2科目
(国・算)
14,850円27,060円
最高レベル特訓算数
(マスターコースと併修)
4,510円5,720
最高レベル特訓算数
(単独受講)
9,130円11,330円
※ 2023年2月現在

2年生でも通塾の場合には1科目だけの受講はできません。
国語・算数はセットで受講することになるんですね。

Webスクールは小2から1科目から受講することができます。
2科目受講であれば通塾よりも断然安くなります。

ただし、この時期は中学受験を考えているなら「塾で勉強する」ことを定着させ、「何を目標に勉強するのか」といったことを子どもに意識させるのに大切な時期。

費用の差は単に勉強の内容だけの問題ではないかもしれませんね。
料金差はあるものの通塾で身につけられる勉強姿勢は大きいといえます。

とはいえ、2年生から浜学園の授業を2科目受けて14,850円であればWebスクールはかなりお得な価格設定といえます。

まずは詳しい資料を取り寄せる
浜学園公式サイト

小3料金比較

Webスクール通塾
1科目
(国・算)
9,350円設定なし
2科目
(国・算)
14,850円26,950円
最高レベル特訓算数
(マスターコースと併修)
4,510円5,500
最高レベル特訓算数
(単独受講)
9,130円11,110円
※ 2023年2月現在

Webスクールであれば小2、小3は料金に変更はありません。
手頃な費用で浜学園の教材をつかって学ぶことができます。

ただし3年生も中学受験を意識した勉強を考えるのであれば通塾の意味は大きく、同じテキストをつかって同じ講師の授業を視聴するにしても費用と内容のバランスを考えると通塾の料金に納得はできます。

浜学園 公式サイトはこちら

小4料金比較

Webスクール通塾
1科目※1
(国・算・理・社)
10,450円設定なし
2科目※2
(国・算・理・社)
15,950円
3科目※2
(国・算・理・社)
21,450円37,400円
4科目
(国・算・理・社)
26,950円47,300円
最高レベル特訓算数
(マスターコースと併修)
7,040円8,800円
最高レベル特訓算数
(単独受講)
12,760円16,170円
※ 2023年2月現在
※1 希望の科目を選択できます
※2 希望する科目を自由に組み合わせることができます

4年生になると、通塾の場合は3科目(国算理)がマスターコースの基本となります。
Webスクールでは1科目から3科目までは必要な科目を選択して受講できます。

浜学園 公式サイトはこちら

小5料金比較

Webスクール通塾
1科目
(国・算・理・社)
10,450円(国理社)
13,200円(算)
設定なし
2科目15,950円~
18,700円※
3科目21,450円~
24,200円※
37,400円
4科目29,700円47,300円
最高レベル特訓算数
(マスターコースと併修)
8,800円11,000円
最高レベル特訓算数
(単独受講)
12,760円18,810円
最高レベル特訓国語
(マスターコースと併修)
5,170円6,600円
最高レベル特訓国語
(単独受講)
10,890円13,530円
※科目の組み合わせによる
※ 2023年2月現在

小5ではWebスクールでは科目の組み合わせによって若干費用はが変わってきますが、4科受講でも月あたり29,700円はコスパがいいですよね。

浜学園 公式サイトはこちら

小6料金比較

Webスクール通塾
1科目
(国・算・理・社)
10,890円(国理社)
13,640円(算)
設定なし
2科目16,390円~
19,140円※
3科目21,890円~
24,640円※
44,000円
4科目30,140円55,275円
最高レベル特訓算数
(マスターコースと併修)
8,300円13,200円
最高レベル特訓算数
(単独受講)
16,060円22,000円
最高レベル特訓国語
(マスターコースと併修)
6,930円8,300円
最高レベル特訓国語
(単独受講)
13,090円17,600円
※科目の組み合わせによる
※ 2023年2月現在

小6になると特別講座や模試が増えるので、実際には様々な費用が追加になります。
志望校のレベルによっても選択する講座数も変わってくるのであくまで目安になりますが、Webスクールであってもそれなりの費用は準備する必要があります。

模試を受けに教室に行く機会も増えてくるので、Webスクールよりも教室にかよってライバルと競いあってラストスパートをかけることには大きな意味がありそう。

その意味も含めて、金額差は納得できる範囲といえます。

まずは詳しい資料を取り寄せる
浜学園公式サイト

タイプ別おすすめ!浜学園のWebスクールとリアル教室

勉強する女児

それぞれのメリット・デメリットや費用をご紹介したところで、お子さまやご家庭のタイプ別におすすめをご提案します。

浜学園Webスクールがおすすめなタイプ

  • 平日・土曜日の通塾が難しい
  • 遠方で送迎が大変!
  • 一般校志望
  • 人と競うことが苦手
  • 人間関係に大きなストレスを感じる

浜学園の中学受験指導が自宅で再現できる状態に近いのがWebスクール
テキストはもちろん、授業、テストもリアルと全く同じでサポートも充実しているので、中学受験塾を検討していても塾への送迎が難しかったり、人間関係が得意ではないというお子さまの場合でもしっかり勉強に取り組むことができます。

ただし浜学園は他の中学受験塾に比べると宿題が多く、通塾生であっても保護者の宿題サポートは不可欠。
Webスクールとなると、宿題だけでなく全般的にサポートが必要になります。

保護者の負担はかなり大きくなります。

とはいえ、塾に通う時間や労力を考えるとWebスクールの方が合っている場合もありますよね?

お子さまの性格やご家庭の環境、サポートの負担を考えながら「我が子、我が家の場合」はどちらがいいのか、検討してみてくださいね!

まずは資料を取り寄せる!浜学園 公式サイトはこちら

こんなタイプは浜学園に通塾がおすすめ!

  • 最難関校志望の高学年児童
  • ライバルと競い合うことで伸びるタイプ
  • 積極的に質問できる
  • 人と関わることが好き・得意

浜学園の通塾はやはり緊張感あふれる教室でライバルたちと競い、励まし合える環境で学べるという点。

もちろん中学受験合格へのメソッドを熟知して精鋭講師陣の授業をリアルで受けられるというのは言うまでもありません。

ただし、わからないポイントを積極的に質問したり、ライバルとなるクラスメイトたちとのやり取りをする力も欲しいところ。

人間関係に繊細に反応してしまうお子さまの場合にはストレスを感じることもあるかもしれません。

また送迎や塾弁の負担があるのでそういった保護者のサポートも必要になります。

高学年(特に6年生)になると受験ムードが高まるのを身近で感じることで、モチベーションをあげていくこともできるので、通塾のメリットは大きいでしょう。

近くに中学受験に向けて頑張っている友達がいるのと、いないのとでは子どもの目的意識が変わってきます。
高学年であれば通塾をおすすめします。

とはいえ繊細なタイプのお子さまの場合には、様子を見ながら通塾ができるかWebスクールが安心か、検討してみても良いかと思います。

まずは資料を取り寄せる!浜学園 公式サイトはこちら

通塾とWebスクール 途中で変更はできる?

「通塾」「Web」の文字と赤い両矢印
  • 通塾 ⇒ Webスクール
  • Webスクール ⇒ 通塾

どちらも変更は可能です!

「教室に通っていたけど時間的に難しくなったのでWebスクールに変更したい」
「Webスクールで受講していたけど高学年になったので通塾に切り替えたい」

どちらの場合も対応できるので、希望する場合には所属教室に相談してみてください。

どちらも「入塾資格が必要」

勉強をする女児

Webスクールの方が手軽なイメージですが、浜学園ではWebスクールも通塾と同じレベルの学力が求められます。

そのため通塾でもWebスクールで入塾するためには入塾テストを受けて入塾資格を取得する必要があります。

浜学園 公式サイトはこちら

まずは資料請求で教室情報とテスト日程を確認しよう

浜学園のWebスクールとリアル教室での違いやおすすめをご紹介しましたが、最後にお伝えしたとおり、どちらの場合にもテストを受けて入塾資格を取得することから始めます。

近くの教室に詳しい時間割や料金、テスト日程を知るには資料請求がおすすめ!

資料請求をすれば希望する教室の担当社から電話がもらえるので、気になることを質問してみてくださいね。

電話は資料請求後の1回のみなので、ちょっと見てみたいという場合でも心配いりません。
テスト日程のお知らせなども届くので、一度お問い合わせしてみてくださいね!

\資料請求・無料体験授業できます/
※ 無料体験授業は資格制です 
最新の費用、教室ごとの時間割は
資料請求で届きます

※ 当サイトは提携する教材、教室、学習方法等のPR情報を含んでいます。
※ 当サイトで掲載している内容はできる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※ 各サービス、教材等のお申し込みは、必ず公式サイトで内容をご確認のうえ、ご判断ください。
※ 記事内で紹介されている意見はあくまで個人的なものです。企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※ 本メディアの個人情報の取り扱いはプライバシーポリシーをご確認ください。

中学受験
学びば AtoZ