進研ゼミとポピー【中学】成績アップしたいならどっちがいいの?それぞれの特徴やメリット・デメリット、おすすめタイプを徹底比較!

※ このページはPRを含みます
進研ゼミとポピーで迷う人

進研ゼミ中学ポピーはどちらも

共通点

紙教材で学べる、9教科対応
セット受講のみ・教科書対応
1回15~30分

と共通点は多いですが、

各講座の特徴
進研ゼミ中学ポピー
紙+多種類の教材
全国規模の模試がある
タブレットへの変更可能
低価格
シンプルな教材設計
(紙+デジタル教材)

などの違いもあります。

だから!

進研ゼミが合うタイプ

紙教材を中心に多彩な教材(デジタル・添削指導・オンライン授業など)で、短期間に成績アップにつなげたい!

中学ポピーが合うタイプ

シンプルな教材費用をおさえてコツコツと授業・テスト・受験対策!

どちらも実績ある紙教材メインの講座ですが、

どうやって成績アップにつなげるか

によって選ぶべき講座が変わってくるんですね。

充実の教材で飛躍的に成績アップを狙う!
費用をおさえてコツコツ成績アップ!

進研ゼミ中学講座と中学ポピー どっちがいい?

進研ゼミ中学ポピー
短期間で成績アップ!
豊富な教材で多方面から指導が受けられる
コツコツと日々の頑張りで成績アップ
丁寧に取り組めるタイプにおすすめ

この2つを比較するとき、できるだけ早く成績アップしたいなら進研ゼミ中学講座がおすすめ!

その理由としては

  • 紙以外にもアプリやオンライン、添削指導などの勉強方法が充実ししている
  • 添削指導がある
  • 全国レベルの模試も受講費内で受けられる
  • 英語学習(英語4技能)が充実(毎日使える)

こうした内容によるため。

進研ゼミポピーも、

  • 教科書対応で授業に合わせた学びができる
  • 定期テストや入試にも対応
  • デジタル教材と併用

といった点では、目標を定めて成績アップを狙うことができます。

ただ、ポピーは「日々の積み重ね」が何より大事になる学習方法。

コツコツと積み上げることで、着実な成績アップにつなげることができますが、「すぐに」「速く」成績を上げたい場合には、物足りなさを感じます。

ポピーの「毎月のテキスト教材+デジタル教材」だけでは、飛躍的な成績アップは難しいでしょう。

進研ゼミの場合は、つまずきやすい単元・ポイントをオンライン授業で受けることができます。

双方向型のオンライン授業なので、疑問があればその場で質問・回答も可能。
また進研ゼミは添削指導も好評で、一人ひとり丁寧な指導が受けられるのも大きなポイントですね。

中学ポピーはすべて自分で丸付けをするため、適当に丸付けをしてしまうタイプであれば、間違いに気づかないままやり過ごしてしまう可能性もあります。

ただ、それだけに費用はグッと抑えられるので、「コツコツと積み重ねて成績アップにつなげたい」「丁寧に自分で丸付けまでできる」「間違直しができる(解き直しができる)」タイプならポピーがおすすめです。

子どものタイプや家庭環境によってはポピーの方が良い場合もあるので、進研ゼミのおすすめタイプ・ポピーのおすすめタイプも参考にしてみてくださいね。

1ヵ月入会キャンペーン実施中!
中学ポピー

無料体験教材お届けはこちら!
進研ゼミ中学講座

充実の教材で飛躍的に成績アップを狙う!
費用をおさえてコツコツ成績アップ!

進研ゼミとポピーの共通点

進研ゼミではタブレット学習(ハイブリッドスタイル)の人気も高い一方、従来からある紙教材を使ったオリジナルスタイルも依然人気の高い教材です。

紙に書く勉強を大切にする中学ポピーと進研ゼミ(オリジナルスタイル)で迷うご家庭も多いんですね。

2つの講座は共通点も多く

共通点
  • 教科書対応学校授業に合わせて勉強できる
  • 書く」タイプの家庭学習(進研ゼミではオリジナルスタイル)
  • 進度調整にも対応
  • 受講費内で実技を含む副教科までの9教科のテスト対策ができる
  • 1回10~20分の効率学習で1人でも続けやすい学習設計

こうしたポイントがあげられます。

どちらもコンセプトとは似ていて、

自主学習習慣を身につけ、日々の学校授業の予復習をこなすことで苦手やつまずきを徹底クリア
定期テストや高校入試に向けた着実な学力定着と成績アップを狙う!

ということを大切にしています。

短時間学習なので、勉強が嫌いな中学生もこの二つなら続けられそうですよね?

進研ゼミってどうなの?

女子生徒
進研ゼミ中学講座

中学生の通信講座でも約42万人の受講生を抱えるのが進研ゼミ。

講座自体にもいくつもの特徴がある上に、多数の受講生を抱えるからこそ、実現してる特徴もあります。

ポピーとの大きな違い

進研ゼミの特徴
  • 教科書別・トクイニガテ別に83万人の学習履歴分析によるカリキュラムで学べる
  • オンラインライブ授業がある(双方向型)
  • 英語学習が充実
  • 添削指導がある
  • タブレット学習への変更もできる
  • 全国規模の模試も受講費内で受けられる

など。

特に

  • 全国規模の実力テスト
  • 2.3万件のテスト分析
  • 83万人の学習履歴分析

といった特色は通信講座最大手のベネッセが運営する進研ゼミだからこその最大のポイントといえるでしょう。

進研ゼミ中学講座

メリット

進研ゼミのメリット
  • 受講費内で9教科+英語4技能対策
  • 添削指導がある
  • 双方向型のオンライン授業がある
  • 全国規模の模試も受講費内
  • タブレット学習への学習スタイルの変更ができる
  • 教科アドバイザーによる個別質問や24時間質問できるコーナーなど学習サポートも充実

紙テキストに加え副教材も充実しているのが進研ゼミのオリジナルスタイル。

ライブ授業(オンライン講義)や電子辞書Perfect study学びライブラリーも利用できるなど、紙教材ではカバーしきれない勉強もフォローできます。
進研ゼミ中学講座のサポート詳細はこちら

また、学習を進めることで溜まる努力賞ポイントは、勉強に必要なプレゼントを目標にモチベーションアップにもつながります。
結構、子どもが欲しがる良いプレゼントが用意されています♪

添削課題の提出は強制力の弱い通信講座で強制性を持たせることもできるから、サボリ癖がある子供にもおすすめ!

提出課題を出さなければペナルティがあるわけではありませんが、目標提出期限を一つの目安に学習計画を立てて進められますよね。

もしどうしても、学習計画を立てて進めるのが難しい様であれば、ハイブリッドスタイルに変更してオーダーメイド学習に切り替えてみることもできます。

進研ゼミ中学講座

おすすめ 中学生利用者数NO.1!
中高一貫もこちらから
進研ゼミ中学講座公式サイト

算出根拠

デメリット

進研ゼミのデメリット
  • 教材の管理が必要
  • 強制力が弱い

口コミや実情からもはっきりとしたデメリットはこの2点。

進研ゼミに限らず、通信講座では強制力が乏しいためやる気がないと続きません

また、進研ゼミオリジナルスタイルでは毎月送られてくる教材をすぐに「要るもの」と「要らないもの(キャンペーンのチラシなど)」に分けて必要なものだけを管理するようにしないと、教材を溜めこむことにつながります。

デメリットを解消するための対策としては

  • 学習を習慣づけるために、保護者がある程度管理する
    (定期的な学習計画・学習履歴の確認など)
  • 子ども自身が「なんのために勉強するのか」などモチベーションを明確にして、日々机に向かうような後押し(声掛け)

が必要になります。

1回15分のことなので、例えば「ゼミの勉強が終わったらご飯を食べる」というように強制的に勉強する時間を確保するのもおすすめ。

この場合は、できれば時間がたっぷりある時よりも。ある程度限られた時間の方が強制力が強く働き効果的です。

進研ゼミ中学講座の欠点は教材の管理と強制力にあるので、ご紹介したようにその2つのポイントをクリアできるような対策を取ることをおすすめします。

進研ゼミ中学講座公式サイト

進研ゼミはこんなタイプにおすすめ

女子生徒
進研ゼミ中学講座
進研ゼミのおすすめタイプ
  • 紙教材だけの学習では続かないかも…
  • 全教科で定期テスト対策をしっかりとしたい(内申点を安定)
  • 英語が苦手
  • 模試で自分の学力レベルを知っておきたい
  • 紙教材とタブレット学習で迷っている
  • 習い事や部活と、勉強の両立をしたい

進研ゼミは学習方法、レベルやコース、オプション教材など幅広く対応できる教材です。
学校に部活に忙しい中学生が自分にぴったり合った勉強方法を選びたい通信講座。

ただし、入会後は2ヵ月の縛りがあるので不安な人は、まずは資料請求で2つの学習すたいるの無料体験見本を見てみることをおすすめします。

進研ゼミ中学講座をもっと詳しくみてみる

中学ポピーってどうなの?

中学ポピーの教材

シンプルな紙教材で通信講座を探しているならポピーはおすすめ!

中学ポピーの特徴
  • 紙教材主体で学べるシンプルな教材で扱いやすい
  • 良質なのに低価格!抜群のコスパ!
  • 教科書準拠で学校授業、テスト対策はバッチリできる
  • 教材の構成がシンプル

付録などの類は一切なく紙教材主体のシンプルな学習方法ですが、余計な付録などが一切ないため価格は4,750円/月~(中1の場合)とかなり抑えられます。

ただ、紙教材主体といっても

  • 定期テスト前には実技を含む副教科までの9教科の対策
  • デジタル教材(まなびのトビラ)も併用で、デジタルならではの学びにも対応
  • 思考力表現力を身に付けるための作文・表現力ワーク
  • ことばの力を身に付けるための教材
  • ニガテ克服のためのサポート教材

など使える教材は充実しています。

あくまで紙教材メインの学びになりますが、紙での学習を支えるポピーのデジタル教材を集約した「まなびのトビラ」も人気。

  • 英語 オンライン単語帳
  • 英語「4技能スタディワーク」動画
  • 英語 リスニング問題音声
  • 数学 解説動画

など、デジタルでしか味わえない学習にもしっかり対応できます。

中学ポピー

▼▼▼資料・おためし見本のご請求、入会はこちら▼▼▼

メリット

中学ポピーのメリット
  • シンプルな教材
  • 費用を抑えた続けやすい価格設定
  • 学習指導要領の「言語活動の充実」に対応した教材
  • 思考力・表現力にも注力
  • 授業進度サービス(「今、習っている内容」に合ったポピー教材を調整してお届け)
  • 定期テスト範囲とポピーの対応お知らせサービス

中学ポピーの長所はなんといってもシンプルな教材と抑えられた料金設定

費用は中学3年生でも5000円を切ります。

低価格設定ながらもその教材内容は充実しているのでとてもコスパの良い講座です。

また、教科書準拠ではあるものの、万が一学校の授業が先に進んでしまったり、ポピーの方が先になってしまった場合でも授業進度サービスで、今、授業で取り組んでいる教材が届くように調整してくれるのもうれしいポイントです。

これなら学校の予習も復習も安心して任せられますよね?

また、「テスト範囲は分かったけど、ポピーのどこを勉強したらいいのかわからない」という場合には定期テスト範囲とポピーの対応お知らせサービスがあります。

このようにシンプルだからこそ実現する低価格設定ながらも、充実した教材で日々の授業対策から定期テスト対策、さらには受験対策までしっかり学べるのが中学ポピーの利点といえるでしょう。

▼▼▼資料・おためし見本のご請求、入会はこちら▼▼▼

デメリット

中学ポピーのデメリット
  • 添削がない
  • 個別プランがない
  • 子どもの気を引く付録類がない
  • お楽しみ要素がない
  • 学習スタイルは統一
  • コース・レベルの選択ができない
  • 強制力がない

ポピーには取り組んだ教材を添削してもらうシステムはなく、自己採点になります。

提出課題もないため、進研ゼミ以上に強制力がありません。

しっかりとした目標をもち自発的に学ぶタイプでなければ続けるのは難しくなります。

目標設定をはっきりと定め、保護者が日々声掛けをするなど続けるための対策が必要です。

教材はシンプルで派手な色使いやイラスト、付録といったものがないため、子どもが退屈してしまうリスクも。

ただし、シンプルな教材は長所でもあり、勉強に積極的なタイプの子どもにとっては無駄なものがなく学習に集中しやすい教材ともいえます。

ポピーも進度調整はしてくれるものの、個別の学習プランやコース・レベルの選択はないため、レベルアップした教材に取り組みたいタイプであれば物足りないかもしれません。

オプション教材も英語だけなので市販の問題集を併用すると良いでしょう。

こうしたポピーのデメリットを克服するコツは子ども自身が家庭学習に積極的、保護者の協力(声掛けや取り組みの確認など)があることがポイントになります。

強制力がなくとにかくコツコツ取り組む教材ですが費用を教材のバランスを考えるとかなりコスパの良い講座なので、子どもの性格や環境によってはおすすめです!

中学ポピー

ポピーはこんなタイプにおすすめ

ポピーのおすすめタイプ
  • 家庭での学習習慣が身についている
  • 勉強に積極的に取り組める
  • 一般公立高校志望
  • 自分で添削しながらウイークポイントを見つけられる
  • とにかく費用を抑えたい
▼▼▼資料・おためし見本のご請求、入会はこちら▼▼▼

比較表

進研ゼミとポピーの特徴とメリット・デメリット、それぞれのおすすめタイプをご紹介しましたが、費用や教材、手続きについては表で比較しています。

料金比較

受講料(会費)

進研ゼミ中学講座中学ポピー
中1講座6,400円4,750円
中2講座6,570円4,940円
中3講座7,090円5,035円

※ 上記受講費は12か月一括払いの1ヶ月あたりの料金~になります。
毎月払い・6ヵ月一括払い・12ヵ月一括払い(中3講座では卒業までの一括払い)などがあるため費用に幅があります。

入会金・事務手数料・教材送料といったものは両社とも一切必要ありません。

また両社とも一括払いした場合の途中退会では受講済分を差し引いた残金の返金もあります。

受講料以外に一切負担費用はかからないので安心ですよね?

ポピーと進研ゼミでは、月額で約1,500円~2,000円ほどポピーの方がお手頃。

中3でひと月5,000円だとかなり負担が軽く、続けやすい価格設定といえます。

もちろん、料金だけで決められませんが、紙教材でしっかり自学自習を進められるタイプなら、中学ポピーは価値ある教材といえます。

手続き比較

(入会・退会・休会・再入会・更新・紹介制度)

進研ゼミ中学講座中学ポピー
入会電話
WEB
電話
WEB
退会電話電話
休会不可
再入会電話
WEB
電話
WEB
更新自動更新
※ 退会申請しない限り高3講座終了まで自動更新
自動更新
※ 退会申請しない限り中3講座終了まで自動更新
紹介制度あり
(お友達・きょうだい紹介制度)
あり
(お友達・きょうだい紹介制度)

両社とも入会はWEBでも電話でも可能ですが、退会の場合には電話連絡となります。

進研ゼミは休会制度がないため、いったん退会しての再入会となりますが、ポピーでは休会ができます

更新は進研ゼミもポピーも退会申請をしない限り講座終了までの自動更新となります。

ただし、進研ゼミは高校講座まであるため、退会申請をしなければ自動的に高校講座に移行します。

この点は注意してくださいね。

教材・学習方法比較

(対応教科・1教科単位での受講・学習スタイル・添削・デジタル学習・オプション教材・無料体験見本教材の有無)

 進研ゼミポピー
対応教科9教科対応9教科対応
1教科単位での受講不可不可
学習スタイルオリジナルスタイル(紙)
ハイブリッドスタイル (タブレット)
紙テキスト使用のみ
コース選択スタンダード(英数のみ)
ハイレベル(英数のみ)
受験総合コース(中3)
難関挑戦コース(中3)
最難関挑戦コース(中3)
なし
添削指導ありなし(自己添削)
デジタル学習◎ △(動画のみ)
オプション教材オンラインスピーキング
合格への過去問セレクト5
合格力UP!ワーク&添削
なし
無料体験見本◎ ◎ 

学習内容比較

(教科書準拠・日々の予習復習対策・定期テスト対策・高校受験対策・1回の取り組み時間)

 進研ゼミポピー
1回の取り組み時間約15分約10~20分
教科書準拠 ◎  ◎ 
進度調整サービス ◎  ◎ 
予習・復習対策 ◎  ◎ 
定期テスト対策 ◎  ◎ 
高校入試対策 ◎  ◎ 

学習内容としては多少の学習時間の違いはあるものの、進研ゼミもポピーも日々の学校授業から高校入試まで、対応していてバランスの良い学習内容となっています。

学習スタイルや進路、負担費用などによってどちらを選ぶかは変わってきますが、どちらを選択しても継続して勉強すれば高校受験まで安心して臨めます。

中学ポピー

サポート比較

 進研ゼミポピー
生徒向けサポートギモン解消ひろば
テストお助け電話(中1・中2限定)
学習相談サービス授業進度対応サービス
定期テスト範囲と ポピーの対応お知らせサービス
保護者向けサポート保護者通信
学習個別フォローメール
47都道府県別高校入試情報メール
取り組みお知らせメール(ハイブリッド)
月イチ成績表メール
保護者向け個別相談サービス(進路・学習など)
高校入試情報サイト
子育て相談サービス

サポートを比べると進研ゼミの方が断然充実しています。

特に保護者向けのサポートは多岐にわたり情報提供してくれるので親としては安心ですよね?

ベネッセの運営だけあって最新の入試情報を入手できるのはうれしいポイント。

また、個別に進路相談(保護者向け個別相談サービス)があるのも忙しく情報が入りにくい保護者にとっては助かるサービスといえるでしょう。

充実したサポートで安心して勉強に取り組める!進研ゼミ中学講座

まとめ

中学生の家庭学習として進研ゼミ中学講座と中学ポピーを比較検証してみましたがいかがでしたか?

進研ゼミもポピーも40年以上の実績ある通信講座で、どちらも日ごろの勉強から高校受験までをカバーできるバランスの良い講座です。

ただ、総合的にみると学習方法や内容が充実していて、サポートも手厚い進研ゼミ中学講座がおすすめ!

ですが、シンプルな教材でもコツコツを続けられるタイプの子どもであれば料金を抑えられるポピーも良いと思います。

ポピーは進研ゼミほどの知名度はないものの、実情ではかなり人気の教材。

一方、進研ゼミは知名度が高く業界最大手といえる人気の講座。

どちらが良いか…決めきれないというのであれば、まずは資料請求・無料体験見本を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

▼▼▼資料・おためし見本のご請求、入会はこちら▼▼▼

充実のサポート!進研ゼミ中学講座

シンプルな教材と続けやすい価格!中学ポピー

※ 当サイトは提携する教材、教室、学習方法等のPR情報を含んでいます。
※ 当サイトで掲載している内容はできる限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※ 各サービス、教材等のお申し込みは、必ず公式サイトで内容をご確認のうえ、ご判断ください。
※ 記事内で紹介されている意見はあくまで個人的なものです。企業等の意見を代表するものや、情報の内容を保証するものではありません。
※ 本メディアの個人情報の取り扱いはプライバシーポリシーをご確認ください。

進研ゼミ中学講座